閉じる
  • 乃木坂46まとめんばーHOME > 
  • 【乃木坂46】柳沢翔×乃木坂46伊藤万理華インタビュー「撮る側と撮られる側、それぞれの視点で語るものづくり」

【乃木坂46】柳沢翔×乃木坂46伊藤万理華インタビュー「撮る側と撮られる側、それぞれの視点で語るものづくり」



160229taidan7

 

 

410: 君の名は(有限の箱庭) 2016/03/17(木) 15:04:56.25 ID:7nJ7fFoz0.net
[Interview]柳沢翔×乃木坂46伊藤万理華、撮る側と撮られる側―それぞれの視点で語る“ものづくり”

関連記事:

[Interview]柳沢翔×乃木坂46伊藤万理華、撮る側と撮られる側―それぞれの視点で語る“ものづくり”

2016.03.17

160229taidan7-770x513

3月5日に公開を迎えた話題作『星ガ丘ワンダーランド』。主演の中村倫也をはじめ、新井浩文、佐々木希、菅田将暉、杏、市原隼人、木村佳乃、松重豊といった豪華キャストの共演が注目を集めている同作で映画監督デビューを果たしたのが、若手クリエイターの柳沢翔。「Google」や「資生堂」のCMで知られる柳沢だが、アイドルグループ・乃木坂46の映像作品も数多く手掛けており、グループのファンからの支持も厚い。今回、乃木坂46のメンバーの中でも特に縁のある伊藤万理華との対談が実現した。

■「ナイフ」は奇跡的なものだった(伊藤)

――お2人といえば、やはり『ナイフ』(※1)ですが、その撮影が初対面ですか?

伊藤万理華(以下、伊藤) そうですね。

柳沢翔監督(以下、柳沢) 完全に初対面。特に彼女はまだ芸能人ですらない時です。

―デビュー・シングルの特典映像ですもんね。ということは、監督は伊藤さんについて事前の情報がほとんどなかったのでは?

柳沢 まったくない。それぞれの女の子に対して1人の監督がついて1本の映像を作るという企画で、「先に企画を出してください」ってことだったので、まず企画を出したんです。
お互いちょっと気にはなってるんだけど「好きだよ」とは言ってない2人が、学校の文化祭の事情で顔にペイントしなきゃいけないというもので、(好きだとは)言ってないけど相手の肌に触れなきゃいけない、そういうのって学校という狭い空間独特の面白い“ねじれ”じゃないですか。そういう企画を出していて、彼女の会社の人たちでたぶんいろいろ話して、伊藤さんが来たという。

160229taidan5
伊藤万理華(乃木坂46)

伊藤 そんなに演技やってないのに、なんで私になったんだろうなって。

柳沢 外見じゃない?(笑)

伊藤 いやいや、外見ならもっと可愛い子がいるし、嬉しかったけど、やったことないのに大丈夫かなって思ってました。

―でも、すごくハマりましたよね。

柳沢 うん、本当に。珍しいですよね。あれ以来ああいうことってなかったので……あ、でも堀(未央奈)ちゃんの時(※2)も。初めてやるとああいう現象が起こるのかな。頭の中で「うわ〜」ってパニックになりながらお芝居してる感じが面白いですよね。『ナイフ』の時の、作り手としての「わ、すごい」みたいなのがもう一回見たくてやってたのを覚えています。

伊藤 『ナイフ』は奇跡的なものだったと思うんです。自分が初めてで、監督もこういうものを撮るのが初めてっていうのがうまく合わさって、いい作品ができた。4年も前なのに『ナイフ』を最近見て好きになったって、今でも言われるんですよ。

―伊藤さんは柳沢監督について聞かされていました?

伊藤 CMやってる方っていうことぐらい。でも、脚本と台本をいただいた時にイラストを見て「ああ、好きだな」って思いました。もともと何か武器があったわけじゃなくアイドルになって、自分の好きなものって何なんだろうって模索していた時期だったので、「あ、こういうのが好きなんだ」っていうのが『ナイフ』の撮影の時にわかったし、「こういう人なんだ」って、すぐにわかりました。

■「私が一番、柳沢監督の考えてることを理解できる」(伊藤)

―柳沢監督は今後、もし自分の作品に伊藤さんを起用するなら、どんな役をやらせてみたいですか?

柳沢 『ナイフ』をやって思ったのが、悪女的な感じ。「あれ?惑わされてる?」みたいな小悪魔的な感じのをこのルックスでやってみたら、すごい面白いんじゃないかと思う。似合っちゃいそう。

―伊藤さんはどんな役をやってみたいですか?

伊藤 私、監督ともっと深く話したら絶対気が合うところがあるなと思っているので、話し合って決めたいです。でも、柳沢監督だったらなんでもいいかなって。ただ撮ってもらいたいので。

―乃木坂46にはいろんな女の子がいますが、その中で伊藤さんが監督にアピールできるポイントはどんなところでしょう?

伊藤 プロじゃないけど、私もものづくりが好きだし、映像も好きだし、美術も好きだから、(撮影が大変でも)文句は言いません。それと、メンバーの中で私が一番監督の考えてることを理解できるっていう自信はあります。

一同 おお〜

柳沢 ものづくり好きな人はやっぱりいいですよね。

―伊藤さんはご両親がクリエイターなので、クリエイティブへの関心は強いと思いますが、柳沢監督のような映像制作という分野への興味は?

伊藤 めっちゃあります。

柳沢 えっ!そうなの?

伊藤 めっちゃ興味あるけど、自分は結局監督になりたいかって言われたらそうではなくて、やっぱり撮ってもらいたい。でも、ただ撮られるだけじゃなくて、一緒に話し合って理解し合ってのほうが絶対いい作品ができるなっていうのは、今までの4年間の活動の中で見えてきたから、そうやって一緒に話したりして、やるといいのかなと思います。

―ものづくりへの憧れは?

伊藤 なかなか言葉には表せない自分の考えているものとかを、いつか作品にしたいなって思います。本命は撮ってもらうことなんですけど、自分もファッションのデザインだったり、コラージュとか写真撮ったりとかを続けていったら何かできるかなって。それを本当は(撮ってもらうことと)一緒にやっていきたいです。演じるのもやりたいし、クリエイティブなほうもやりたい。女優一本なんて絶対難しいじゃないですか。

柳沢 急に現実的な(笑)

伊藤 絶対難しいんですよ。この4年間で現実を学んで、自分は趣味のほうも極めていったらいいんじゃないかなと思ったから、一緒にやりたい。

160229taidan2
柳沢翔監督

柳沢 洋服はもう作ってるの?

伊藤 本格的に作るというよりは、リメイクとか。でも多趣味ですぐ飽きるんです。

柳沢 わかる。道具を先に買っちゃうのがいいよ。しかも高い道具。

伊藤 私、最近買ったんですよ。ミシンとパソコンを。今なら作れる状況にはなってるんです。

柳沢 で、やらないでしょ? でも2年くらい放っておくとやるのよ。

伊藤 え〜、買っておいてよかった(笑)

柳沢 アトリエ理論っていうのがあって、アトリエって作るためにあるんじゃなくて、いつでも描けますよっていう状況にしておくと、いつかやるんですよ。だから先に箱を用意しておくと絶対いいと思いますよ。

伊藤 今、ミシンを買ったのはいいけど生地がなくて、ヴィンテージショップに行って、はぎれやボタンを集めてるんです。それをどう使うか考えたりするけど、まだミシン台に座れていないので、2年後には座れてるといいな(笑)

■乃木坂46の中での伊藤万理華

―柳沢監督は『ガールズルール』や『シャキイズム』などのMVも手掛けられてますね。乃木坂46とその中での伊藤さんの印象はどうですか?

柳沢 乃木坂は前提としてみんな可愛いってのがありますよね。そして協調性があるんだけど、その中でキャラが立ってますよね、なんとなく。

伊藤 キャラ立ってますか?(笑)

柳沢 個が強いな、といつも思うんですけど。伊藤さんはその中で個をあんまり前面に出してる印象がなくて、だけど、やりたいことがやれてるじゃないですか。MdNで連載(※3)持ったりとか、宇宙支店(※4)とか。
クリエイティブに興味がある彼女に対して、周りのクリエイターの人が「じゃあこっち来てよ」「こっち来てよ」みたいに、みんなに必要とされてるのはすごいなと思う。そんなに主張してるような印象はなかったから。それはすごい愛されキャラというか、才能なのかな。

―伊藤さんはなにか意識されてることはあるんですか?

伊藤 やっと自分から動けるようになったのが、去年なんですよ。今まで閉じてたんですけど、なるべく人と関わろうって。以前は、アイドルだから“きっと指示に従わないといけないんだ”ってスタンスで、表の人間はクリエイターさんに「こうしてほしい」って言われたら「はい」ってやるもんだと考えていて、それも正解なのかもしれないけど、でも自分も実はそっち側の話をわりと理解できてるんだなっていうのがわかってきたんです。
MdNは、乃木坂がデザイン誌の特集(※5)に載れるなんて本当にすごいことだって私は知っていたので……

柳沢 MdNって俺が学生の時からある雑誌だからね。

伊藤 そうなんですよ。それがわかるのは(グループの中に)私しかいないから、これは言うしかないと思って。「私、この間のこのページとこのページの対談好きでした!」って話をさせていただいたりして、そんな中で連載が決まったんです。その連載も自分の好きなクリエイターさんに会える連載なので、そこでのコミュニケーションをとっていくうちに、自分もプライベートで展覧会とか映画館とか個展に足を運ぶようになって、なるべく外に出るようにっていうのを意識するようになりました。

柳沢 4年前にオドオドしてた人とは思えない(笑)若い人の4年間は全然違うんですね。

―最後に伊藤さんから柳沢監督に言っておきたいことがあれば。

伊藤 乃木坂を忘れないでください。

柳沢 全然忘れてないですよ(笑)

伊藤 柳沢監督の映像は今でも見返すくらい好きなので、またいつか関われたらいいなと思っています。

※1:「ナイフ」…乃木坂46の1stシングル「ぐるぐるカーテン」Type-Cの特典映像に収録された伊藤万理華の個人PV。
※2:堀ちゃんの時…乃木坂46の7thシングル「バレッタ」Type-Aの特典映像に収録された堀未央奈の個人PV「milk」のこと。柳沢翔監督が手掛けた。
※3:MdNで連載…デザインとグラフィックの総合情報誌「月刊MdN」で2015年7月号からスタートした伊藤万理華の連載「MARIKA MEETS CREATORS」のこと。
※4:「宇宙支店」…2015年12月に伊勢丹新宿店本館で、2016年2月に日本橋三越本店とイセタン羽田ストアで期間限定で開催された、デザイナーの中里周子が手掛ける「西暦3016年の未来の百貨店」がテーマの企画展。伊藤万理華と堀未央奈がイメージキャラクターを務めた。
※5:デザイン誌の特集…「月刊MdN」2015年4月号で乃木坂46のクリエイションにフォーカスした特集が組まれた。

引用元([Interview]柳沢翔×乃木坂46伊藤万理華、撮る側と撮られる側―それぞれの視点で語る“ものづくり”)から引用しています。

160229taidan9

160229taidan10

160229taidan12

http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/nogizaka/1456571612/

 


 

相互サイトのおススメ記事

コメント8

0. 名無し@乃木坂46まとめんばー管理人 2015年0月0日 00:00

※アンチコメントには反応しないでください

※連投・自演等、悪意の感じられるコメントは「お問い合わせ」まで、ご連絡ください

コメントを表示する

1. 名無し@乃木坂46まとめんばー 2016年3月17日 20:43 ID:  k5NTY3ODg

髪染めた?

2. 名無し@乃木坂46まとめんばー 2016年3月17日 21:18 ID:  c4OTM0Mjk

>自分は結局監督になりたいかって言われたらそうではなくて、やっぱり撮ってもらいたい。
>でも、ただ撮られるだけじゃなくて、一緒に話し合って理解し合ってのほうが絶対いい作品ができる
こういうのが理解できない。のうじょうの「女優になりたい」とかと同じで。
そうじゃなくて、「こういう作品、物を作りたい」というのが出発点じゃねーの?
だれだれの何とかという作品を見て「ここをこうしたらもっといいんじゃないか」とか「これとこれをつなげてこうすれば、もっといいんじゃないか?」とか、そういう試行錯誤の結果を形にする。
「クリエイターになりたい」じゃなくて、「こういう作品を作りたい」という答えであるべきなんじゃねーの?
「女優になりたい」じゃなくて、「何とかという映画の何とかという役をこういう風にアレンジした作品の女優をやりたい」じゃないの?
自分の作りたい具体的な物、作品がないのに、「クリエイターになりたい」「女優になりたい」とか「意味がわからんなー」という感想だわ。

3. 名無し@乃木坂46まとめんばー 2016年3月17日 21:29 ID:  I0NzI5MjE

この人知らなかったけど柳沢翔ってすごい名前だなw

4. 名無し@乃木坂46まとめんばー 2016年3月17日 21:46 ID:  AwMzMxMTE

この子は独自路線で人脈増やして、仕事に繋げてる。
伊勢丹での仕事とか凄いと思う。
でも男からしたら遠いんだよな。
映画、舞台、ファッション、クリエイター、色んな才能有るのは凄いけど、
俺はライブでの万理華の豊かな表現力で踊るのが一番魅力だ。
もっと前に出て欲しいな。

5. 名無し@乃木坂46まとめんばー 2016年3月17日 21:56 ID:  AxNTkwNDg

※2
いずれまた柳沢監督と万理華の共演あるでしょ。いまは万理華の言ってることが分からなくても、次にこの2人が作った作品を見ればそれがわかるんじゃないかな。しかし柳沢監督、あいからわず服がダサいな。

6. 名無し@乃木坂46まとめんばー 2016年3月17日 22:28 ID:  E3NDc0MzA

万理華がかわいらしい服を着ていて俺はうれしい

7. 名無し@乃木坂46まとめんばー 2016年3月17日 23:25 ID:  g5ODUxMDk

※1
染めてますね。

8. 名無し@乃木坂46まとめんばー 2016年3月17日 23:27 ID:  I4NTUwNzQ


自分が理解できないからといって
それを否定するのは愚か者のすること

監督の意図を演者が理解してた方が
より良くなるからそうしたい、って
言ってるだけのことだと思うけどね

コメントを閉じる

コメントを残す



一週間の人気記事

話題のアイドル最新記事

最新コメント

まとめ記事カテゴリー

まとめ記事アーカイブ

アクセスランキング