閉じる

乃木坂46中元日芽香と伊藤万理華の12th「太陽ノック」インタビューが良い



インタビュー

 

 

728: 君の名は(庭) 2015/08/08(土) 17:37:47.88 ID:E8MZONMZ0.net

12thシングル『太陽ノック』インタビュー
乃木坂46・伊藤万理華と中元日芽香が語る“グループの勢い”とは?「個々の輝きが去年とは全然違う」

2015.08.08

「馴れ合いになるのはよくないし、みんなが選抜を目指す集団でありたい」(中元)

 

――伊藤さんと中元さんの絆が強くなっていったきっかけとしても、アンダーライブはやはり大きいものでしたか?

 

中元:うん、8枚目のシングル(『気づいたら片想い』)の時かな。7枚目(『バレッタ』)で一緒に選抜に入って、8枚目で一緒にアンダーメンバーになったんです。その時に万理華がアンダーのセンターになったんですけど、私の方は3列目や2列目しかやったことがなかったので、センターの気持ちはわかってあげられないというか。もちろん仲は良いんですけど、その時はあんまり力になってあげられることがなくて……。

 

伊藤:(首を横に振る)

 

中元:私はすごいネガティブなので、「もう無理だよー」ってすぐ言うんですけど、万理華はそれをいつも励ましてくれる。万理華はいつも、私の一歩先を行ってる感じがあるんですよ、ねえ?

 

伊藤:(中元の方を見てさらに首を横に振る)その時は自分がセンターになったというのは関係なく、一緒に頑張っていける仲間として頼りにしていました。前から仲は良かったんですけど、そこまで深く話すようになったのは本当にアンダーライブからですね。ただ、日芽香はすぐ落ち込んだり(笑)、ずっとネガティブだったので、そんなふうに考える必要ないのにって思ってました。特に日芽香にはそうなってほしくない。私自身がセンターになって変わったのと同じように、日芽香もきっと中心に立って引っ張っていくって思ってたから。だから、一緒にご飯に行くときも「頑張ろうよ!」みたいな(笑)。

 

中元:そう(笑)、いつも励まして引っ張ってくれる。「そんなこと言わないでさあ!」「日芽香は大丈夫だよ!」って言ってくれるんですけど、私も最近まで本当に聞く耳を持たずに(笑)。

 

伊藤:うん、ずっと聞かなくて(笑)。でもやっぱり、それぞれの経験ってあるじゃないですか。私はその時にたまたまセンターになって、意識が変わった。いろいろ相談に乗ってきた仲だし、よりアンダーを広めるために何かをしたいという気持ちがあったんですけど、……日芽香があまりにも暗いから(笑)。

 

――そんな中、11thシングル『命は美しい』で中元さんがアンダーのセンター、伊藤さんは選抜へと、それぞれに新たな役割が与えられました。

 

中元:まず選抜発表があって、万理華が選抜メンバーになったんですね。万理華は一年間、アンダーメンバー全体を率先して引っ張ってくれて、アンダーライブが成功したのはある種、万理華のおかげというところがあったんです。そんな彼女が選抜に行くことになったので、もうこれ以上アンダーのことは考えてほしくないなと思ったんですよ。ずっと目指してきたところにやっと行けたんだから、「アンダーは大丈夫かな」みたいに思ってほしくなかったので、そのことを万理華に伝えました。それと同時に、あれ、もしかしたら私が引っ張っていかなきゃいけない立場に来ちゃったのかもしれない、って(笑)。その時はまだポジションを聞いてはいなかったんですけど、漠然とそう思いました。

 

伊藤:そういうふうに意識するようになったのが、すごく大きいなって思います。今まで選抜発表はちょっとネガティブな場というか、……どうしてもピリッとした空気になるのはわかるし。でも、アンダーライブを一年間やっていくうちに、選抜に呼ばれなかったのは実力がないからということじゃなく、今この場を任されてるんだと思えるようになってきた。だから、日芽香もそう思えたというのはすごく大きい。みんながそう素直に思えるわけじゃなくても、誰か一人でもポジティブに考えてチームを良くしたい、個人としても活躍したいと思える人がいることが、グループを大きくするためのひとつの力ではあるから。選抜発表があったあと、すぐに日芽香がメールをくれたんですよ。「心配しなくていいよ」って言ってくれたから、「もう全然心配してないよ」って返しました。

 

中元:もちろん、自分が選抜に入れなかったことに対する悔しい気持ちもあったし、選抜発表のあと、そんなにすぐに「おめでとう」とか、なかなか言えなかったりするんですよ。でも万理華には伝えなきゃと思って、その日の夜にメールしましたね。あの時、万理華が一年間背負ってきたものが、ようやく自分の方にズシッときた気がしました。

 

――選抜とアンダーが上と下ではなく、同等の重さを持つ別々の役割のようになってきた中で、アンダーの強みはやはりライブということになります。

 

伊藤:グループ全体の中でも、「アンダーライブをやってきたんだから、ライブを引っ張ってくれ」と直接言ってもらえるようになった。去年のツアーで嬉しかったのが、ちゃんとアンダー曲の見せ場をもらったことでした。それまではグループ全体のライブではどうしても、アンダーは場を盛り上げるためのバックダンサー的な立場なのかなと、ネガティブに考えちゃうんですよ、それがすごく大切な役割だったとしても。でもツアーで、アンダーの象徴である曲(「生まれれたままで」「ここにいる理由」)に良い形で演出をつけてもらえた。アンダーライブで結果を残せたんだと思えました。

 

――そこからまた一年近く経ちましたが、意識に変化はありますか?

 

中元:皆さんが「もうアンダーも選抜も変わらないよ」「アンダーっていう呼び方はもったいないよ」と言ってくださって、それはアンダーの存在が大きくなってきた証拠なので、もちろん嬉しい意見です。けれど、だからといって馴れ合いになるのはよくないし、みんなが選抜を目指す集団でありたいと思います。最近の選抜発表では、誰が上がるか下がるかというところが大きな盛り上がりになる。アンダーはアンダーで、ライブができるしいいよね、みたいなところに留まりたくはないと思いますね。選抜は選抜、アンダーはアンダーと分かれてしまうんじゃなくて、夏のツアーのように全員でステージに立つなら全員で良いライブにしたいし。

 

伊藤:去年の一年間は、アンダーというものを広めるための強化期間だったのかな。今、日芽香が言ってくれたように、選抜を目指すという目標があって一生懸命やっている。もちろん、パフォーマンスを上げるため、アンダーを広めるためという目的はあるけれど、もうアンダーだけのことを考えるんじゃなくてグループ全体で活躍したいですね。

引用元(乃木坂46・伊藤万理華と中元日芽香が語る“グループの勢い”とは?「個々の輝きが去年とは全然違う」 – Real Sound|リアルサウンド)から引用しています。

関連記事:

734: 君の名は(やわらか銀行) 2015/08/08(土) 18:01:07.37 ID:MvLLemHR0.net
>>728
ひめたんホントにプライベートはネガティブなんだな
いや、テレビでもマイナス思考っぷりは分かるけどw
まりっかのお姉さんっぷりもいいなー

 

740: 君の名は(東京都) 2015/08/08(土) 19:34:55.61 ID:bCF4VM+p0.net
>>728
けっこうなロングインタビューだな。
そしてなぜか5ページ目ひめたのほうが画像の割合多いw
これまりかヲタは怒るだろw

 

751: 君の名は(やわらか銀行) 2015/08/08(土) 21:32:34.27 ID:6ZfMIDam0.net
>>740
どっちかというと万理華推しだけど、別にそんなことで怒らないよw

 

741: 君の名は(やわらか銀行) 2015/08/08(土) 19:39:43.98 ID:QrTUWggN0.net
>>728
pdfにしてタブに入れた!

 

760: 君の名は(茸) 2015/08/08(土) 23:23:03.64 ID:7NmVZjuH0.net
>>728
「ひめたんびーむ」を出す中元日芽香。
ってなかなかシュールだなw

 

770: 君の名は(茸) 2015/08/09(日) 02:12:20.68 ID:GYXE4Ms+0.net
読み応えあるねー

 

772: 君の名は(山口県) 2015/08/09(日) 08:37:02.43 ID:9V43D5oG0.net
乃木坂に万理華がいて良かった
ひめたん含めいろんなメンバーを救ってる気がする

 

774: 君の名は(埼玉県) 2015/08/09(日) 09:49:28.51 ID:btcTew2s0.net
>>772
万理華は顔は赤ちゃんみたいだが、心はイケメンだからな

 

http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/nogizaka/1438403032/

 

 

関連記事:

乃木坂46伊藤万理華と中元日芽香のカッコよすぎる関係性がモバメで判明

【乃木坂46】温泉トリオ(伊藤万理華・井上小百合・中元日芽香)の関係性に萌えるスレ

 

 

太陽ノック(Type-A)(DVD付)

太陽ノック(Type-A)(DVD付)

posted with amazlet at 15.08.09
乃木坂46
SMR (2015-07-22)
売り上げランキング: 88

 

相互サイトのおススメ記事

コメント17

0. [email protected] 2015年0月0日 00:00

※アンチコメントには反応しないでください

※連投・自演等、悪意の感じられるコメントは「お問い合わせ」まで、ご連絡ください

コメントを表示する

1. [email protected] 2015年8月9日 21:06 ID:  cwMzg2NDk

ひめたんと万理華の絆いいよな

2. [email protected] 2015年8月9日 21:28 ID:  QzNjM1NzM

みなみが反抗期を抜け出せたのも万理華のおかげっていってたしなぁ。万理華はほんとにたくさんのメンバーを救ってる。

3. [email protected] 2015年8月9日 21:45 ID:  QwNDAyOTM

この二人の関係ほんとイイよな

4. [email protected] 2015年8月9日 21:58 ID:  AwOTEzMDQ

インタビュー読んで、乃木坂好きになって良かったなと思った。
2人ともこの境地に立てるまでいろんな葛藤があったんだろうね。

5. [email protected] 2015年8月9日 22:00 ID:  AwMzM3NDg

こんな子たちが同世代とか尊敬するわ

6. [email protected] 2015年8月9日 22:16 ID:  A2OTkwMDQ

何の雑誌だったか失念したけど、この2人を含むアンダーメンバーの一部が『アンダーの方が選抜よりもライブの経験値が高いんだから』って感じで天狗になってたって記事を読んで物凄く嫌悪感を持ったよ
乃木坂全体のライブでは殆ど空気になってるのにちょっとアンダラやったぐらいで何を言ってるんだと
この程度の意識の低さだから幾ら握手券を売ろうが選抜に呼ばれないって事を理解できないんだろうね

7. [email protected] 2015年8月9日 22:18 ID:  YzNDk4MzY

なかいさんコンビめっちゃ好き

8. [email protected] 2015年8月9日 22:18 ID:  A2OTgzMzU

ベビメンの誕生である

9. [email protected] 2015年8月9日 23:31 ID:  E5NzE4NjM

万理華は自分の考えを言葉にできるのが強みなんだけど逆に色々言い過ぎて印象に残らないのが弱味だな
Top Yellでデザインの話を振られているのに自分の達成感が低いとか言っていて、謙遜なんだろうけど勿体ないなと感想
万理華は普段からもう少しキャッチーな裏話を探すのを意識してみたらどうかな

10. [email protected] 2015年8月9日 23:36 ID:  U4MjIwNzY

素敵な関係ですね

11. [email protected] 2015年8月10日 00:10 ID:  E5NjM1Njg

※6
アンダーメンバーが全体のライブで空気なのは、そういう演出だから。

12. [email protected] 2015年8月10日 01:11 ID:  EyNDEzMTU

かなり男前女子♪

13. [email protected] 2015年8月10日 02:14 ID:  cwNDcxOTI

※6
「そういう時期もあったけど今は考え方が変わった」との記事は読んだ?
人は時間や状況に応じて変わっていくんだよ
ましてやまだ20歳前後の子たち、そんな目くじらを立てなさんな

14. [email protected] 2015年8月10日 03:10 ID:  k0MTAwOTk

万理華は乃木坂のバランサーだよ。
バレンタイン企画でチョコを貰ったのを見ても良くわかる。しかも、キャプと深川。
真夏と万理華は替えが効きにくいタイプ。
桜井もそうかもしれんが。

15. [email protected] 2015年8月10日 12:40 ID:  AwMzM3NDg

やっぱ万理華って推せるわ

16. [email protected] 2015年8月10日 16:28 ID:  AxODE3ODY

万理華の存在は大きい。本当に乃木坂に良い影響を与えてる

それにしても
アングル作りの為だけに堀ちゃんアンダー落ち→アンダーセンター、からの自作堂々選抜復帰(流石に紅白曲でセンターはないと思うが)が透けて見え過ぎて嫌…
堀ちゃんも苦しいだろうけど、他メンも割を食うからな…

17. [email protected] 2015年8月10日 16:49 ID:  g0OTg3NzQ

万理華だって色んな葛藤があるだろうけど、前向きであろうとする姿勢はほんと尊敬する
その思いに応えるひめたんもすばらしいよね

コメントを閉じる

コメントを残す



一週間の人気記事

話題のアイドル最新記事

最新コメント

まとめ記事アーカイブ

アクセスランキング